読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OH! 犬のふぐり

~どんな映画でもおすすめポイントを見つけていきます~

『スクール・オブ・ロック』 ロックis反骨精神

洋画

 内田裕也さんも見たらきっと「うん、いい映画だね。あとロックンロール!」とおっしゃるであろう、リチャード・リンクレイター監督の映画『スクール・オブ・ロック』を紹介します。

 

個人的満足度:79/100点

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

 

あらすじ

ロックしようぜ!

 

ネタバレ無しおすすめポイント

ジャック・ブラック

 脚本家マイク・ホワイトはジャック・ブラックのためにこの『スクール・オブ・ロック』の脚本を書きました。ロックへの情熱で出来ている男:デューイ・フィンの役がジャック・ブラックに合わないわけがない!

 

②ロックンロール

 私はこの映画でブラック・サバス*1を知りました。デューイ(ジャック・ブラック)が「このフレーズは知っているか?」と口ずさむのですが、問われる小学生達と同じ気持ちで「?」状態でした。

 しかし、楽しめます! 他にもたくさんの有名ロックバンドの曲が使われます。(AC/DC,The Who,Deep purple,Led Zeppelin, 等、他にも多数!)

 

 ‘最後’まで楽しめるこの映画、おすすめです!

 

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

 
スクール・オブ・ロック [Blu-ray]

スクール・オブ・ロック [Blu-ray]

 

 

 

 

 

 ↓ 続きはネタバレ有り感想&レビュー

 

 

 

 

 

 

 G T O *2

 全身が「ロック」で出来たデューイと出会う「大人が求める良い子」を演じる子供達。左手にロックバスターが付いていないロックマンことデューイにとって、こんなにつまらない、ロックじゃない生き物はむずがゆい存在だったでしょう。

 「この世界は権力者が仕切っているのだから諦めなさい」と小学生に説く、ロックの精神も失ったようなダメ偽教師デューイ。しかし音楽の授業を覗いて思い立つ。彼らにロックを教えよう、と。

 生徒一人一人の個性を見抜き適材適所の役を与えるデューイは、生徒達の「良い子」の殻をバリバリと破っていく Great Teacherな じさん でした。

 

ダイブ

 初めのダイブは、観客は受け止めてくれなかった。観客はロックを理解できないのではなく、エゴでラッピングされたロックを受け取る気がなかったのです。

 しかしバンド・バトルの最後、ダイブは成功します。バンドメンバーと心を一つにしたからこそ観客にデューイのロックが伝わったのでしょう。

 

‘最後’までロック

 エンドロールでも暴れているデューイ。これがロックの精神か! 最後まで観客を楽しませようというエンターテイメント精神と「エンドロールをそのまま流すかよ!」というロックスピリットが合わさって出来上がった『スクール・オブ・ロック』、とても好きな映画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:Black Sabbath ロックバンド ブラック・サバス - Wikipedia

*2:本当は Great Teacher Onizuka 漫画『GTO』より