読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OH! 犬のふぐり

~どんな映画でもおすすめポイントを見つけていきます~

『めがね』 ~メガネメガネ~

邦画 飯島奈美

 「何が自由か、知っている」というキャッチコピー。全てのメガネ属に贈る、ってわけでもない、監督・脚本:荻上直子の映画『めがね』を紹介します。

 

個人的満足度:80/100点

めがね(3枚組) [DVD]

 

あらすじ

旅に出よう。

 

ネタバレ無しおすすめポイント

①最近、旅をしていますか?

 ちょっと疲れた、たそがれたい、そんな時に見るのも良いかと思われます。

 

②3人の女と2人の男(と犬1匹)

・タエコ:小林聡美、ハルナ:市川実日子、サクラ:もたいまさこ

・ユージ:光石研ヨモギ加瀬亮

・コージ(犬):ケン

 映画『かもめ食堂』から続いて小林聡美もたいまさこのお二人が!

 

③フードスタイリスト

 そうです。映画『かもめ食堂』、『南極料理人』、また、NHK朝の連続ドラマ『ごちそうさん』でもフードスタイリストを務めていらっしゃる飯島奈美氏が、この『めがね』でもフードスタイリストであります! ありがとうございます!

 

 

 

めがね(3枚組) [DVD]

めがね(3枚組) [DVD]

 

 

めがね[Blu-ray]

めがね[Blu-ray]

 

 

 

 

 

 

 ↓ 続きはネタバレ有り感想&レビュー

 

 

 

 

 

 

 

思ったこと

恐い

 恐い。映画ではなく、荻上監督が恐い。『かもめ食堂』でも感じましたが、この荻上監督は一体何を考えているのだろう、と考えると恐くなる。確信があってこういう映画を作っているのだろうか。

 

存在力

 もうひとつは、もたいまさこさんの存在感はもう「感」ではなく「力」ではないか、と思いました。ベジータも真っ青の存在力。スカウタ―*1も爆発するでしょう。

 短いセリフと表情だけで「サクラ」というキャラクターはとても気になる存在、キーパーソンとして物語をスッとまとめています。

 

 

ビール

 あの底の浅いビールジョッキで飲むビール! ビーア! ウマそう……。伊勢海老とビールだけの夕飯、最高です。(伊勢海老食えないけど、ウマそうでした。今なら食べられる気がする。)

 ヨモギ加瀬亮)「ここで飲むビールは最高です」、そうでしょう、そうでしょうとも。

 

氷、ありますよ

 サクラ(もたいまさこ)さんのかき氷も食べたい。小豆を煮込むのを手伝いたい。「大切なのは、あせらないこと」と言われ、小豆の味見をするんだ。あの小屋の前でかき氷を作ってもらって、ゆっくり食べて、

 食べ終わったら、かき氷のお返しは何にしよう。

 

 

 ↓ 飯島奈美さんに「かもめとめがね定食」を作ってもらう記事

ほぼ日刊イトイ新聞 - かもめとめがねのおいしいごはん

 

*1:漫画『ドラゴンボール』より