読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OH! 犬のふぐり

~どんな映画でもおすすめポイントを見つけていきます~

『(500)日のサマー』 (そんなんじゃねえだろ 俺が目指した愛の極みは)

副題は漫画『ハンター×ハンター』のネテロ会長のお言葉をぱくりました。

 テレビで「社内恋愛はアリかナシか?」という質問を就活生に聞いていましたが、アリかナシか、なんてナンセンスだぜメーン。そんなもん一目ぼれでもして「イエス!フォーリンラブ!」したらアリかナシかなんてクソもへったくれもないぜ。っていうことでマーク・ウェブ監督の『(500)日のサマー』を紹介します。

 

個人的満足度:71/100点

(500)日のサマー [DVD]

 

あらすじ

フェルナンドのピューマがすっごいピューマ

 

 

ネタバレ無しおすすめポイント

ジョセフ・ゴードン=レヴィット

 トム・ハンセン役は、クリストファー・ノーラン監督の映画『インセプション』でレオナルド・ディカプリオと共演したジョセフ・ゴードン=レヴィットです。子役として役者デビューした演技派俳優。

 

ズーイー・デシャネル

 『あの頃ペニー・レインと』や『イエスマン “YES”は人生のパスワード』などに出演しているズーイ―・デシャネルがサマー役。目がキラキラしている。

 

モテキ

 大根仁監督の映画『モテキ』を見た方、そのうち見るぜという方にもおすすめです! 彦麻呂さんも「洋画と邦画のマリアージュや~」とおっしゃるはず。

 

 

(500)日のサマー [Blu-ray]

 

 

 

 

 ↓ 続きはネタバレ有り感想&レビュー

 

 

 

 

 

 

フェルナンド

 サマーの男性遍歴を聞いてみるトム。フェルナンドのピューマはすごかったですね。自分だったら聞きたくないなぁ。

 

ペ〇〇!

 なんちゅう遊びをしてんねん。「公園の中心でペ〇〇と叫ぶ」、そんな卑猥な単語を言うのはこの左の金たまが許さん! 子どももいるんですよ! イケアで走りまわったりして! お店で走っちゃダメって言ってるでしょう!

 

 

運命

 「運命の出会い」を信じている主人公トム。そんな考えには冷やかな視線を送る彼の友人たち。マッケンジー(ジェフリー・エアンド)はサマーを「高慢な女」と言いますし、ポール(マシュー・グレイ・ガブラー)はサマーにはまっていくトムを「まずい」と感じています。レイチェル・ハンセン(クロエ・グレース・モレッツ)はなんだかスレた感じ。サッカーがんばれ。

 「友達でいましょう」、「深い付き合いのつもりではない」などなど、トムを「彼氏」と決めて付き合いをする気が無いサマー。いくらトムが「運命」だと思っていてもサマーの気持ちがトムに向いていなければ、「運命の出会い」は成り立たない。

 

 

マリア―ジュや~

 だいぶ太りましたよね、彦麻呂さん。なんか見ていて恐い。あとマリアージュって言葉は例えとして合っていない気がしてきた。『モテキ』からは『(500)日のサマー』のオマージュ的なものを見てとれます。「2作品とも見ると面白い」ということを言いたかったのです。

  トムはあの子とは「運命の出会い」だったのでしょうか。